☮アクティビティ☮一覧

頑張るナマコ!!!

伊豆半島の海では、水温が低い間、ナマナコがやってきます(^O^) あまり目立たない存在で、ダイバーの視野に入っていても無視されるような生き物。 でも、私は、好き! なぜなら‥美味しいから‥(^^;) そんな存在感の薄いナマコが、頑張ってる!!! その姿を見て、こっちも力が入っちゃいそうなくらい‥。 「この姿は、撮ってあげないと可哀そう(:_;)」 とパチリ!!! IMG_7046 (240x180) 「ウウォー!」とか「アー!」とか、ナマコが言ってるような気がしませんか? とにもかくにもこのナマコ。 いったい、何がしたかったのかな???

産卵シーズン到来!

水温が15℃となり、徐々に温かくなってきた大川の海! そんな大川の海では、水中生物の産卵シーズンがやってまいりました\(^o^)/ アオリイカの産卵床を設置したそばのゴロタに生えている海藻には、 IMG_0082 (240x180) ヤリイカかなぁ? とにかくイカの卵が既に産み付けられていました\(^o^)/ 更に!!! 貝も只今、産卵真っ最中‼ IMG_0099 (180x240) お邪魔してはいけないので、すぐに退散‼ 新しい命が誕生する春の海! 陸上の気分と一緒! ワクワクしますね(^_-)-☆

アオリイカの産卵床設置!

さぁ!いよいよアオリイカの産卵シーズンに先駆けて、 産卵床を設置しましたよー! 今年は、何と! ビーチポイントに設置してみました\(^o^)/ DSC_0029 (1) (240x134) 勿論、設置担当は、水中土木部!!! まずは、ダイビング前の下準備から‥。 伐採してきた木をまずは、いくつかに束ねます! DSC_0025 (240x131) 今回は、ビーチポイントへの設置なので、 防波堤から投入することにしました! 束ねた木を、更にひとまとめにして、長いロープで結んでおきます! そう!水面から引きずり落そうという作戦です(^^)v DSC_0027 (240x135) そして、1ダイブ目は、ひたすら水中で土のう作り!!! 10個作りました!こんな感じー\(^o^)/ IMG_0080 (179x240) そして、いよいよ2ダイブ目! 木を引きずり落として、設置ポイントまで引っ張って運びました(^^;) それを土のうを結んだロープに結びつけて‥。 IMG_0088 (178x240) ほーら!完成しました\(^o^)/ IMG_0091 (240x180) 今年は、クヌギの木を設置してみました! 木を追加投入しながら、様子を見ていきたいと思いまーす(^^♪ 上手く産卵してくれたらいいなぁ(#^^#)

耳抜きの話!(part.2)

さて、ダイビングを知っている耳鼻科医院の医師に、 「君は、単に耳抜きが下手なだけ!」 と言われた私がやったこととは‥。 それは、お風呂場にダイビングマスクを持ち込んで、 ひたすら耳抜きのコツをつかむべく練習することでした。。。 (大したことじゃなくてごめんなさいm(__)m) その結果、わかったことは‥。 まずは、マスクの位置です。 マスクを顔にあてて、一番フィットする位置はどこなのか? 次に、鼻のつまみ方。 どうつまんだら、鼻の穴を完全密封できるのか? コレ!意外に大切! そして最後に、どうやったら耳が抜けるのか? さあ、ここがポイントです! 講習では、「鼻をかむように‥。」と 言われた方が多いのではないでしょうか。 では、「鼻をかむ!」とはどういうことなのか? 要は、レギュレーターから吸った空気を、鼻の中に送り込みなさい!!!! ということなんです。 その為には、とにかくしっかりと鼻の穴が完全に塞っていることが大切です! 鼻の中に送り込まれた空気は、耳管を通って中耳にも空気が送り込まれます。 そして、水圧で内側に凹んだ鼓膜をペコっと元に戻すのです。 お風呂場で、耳抜きのコツをつかみ、成功した後潜りに行った海は‥。 それまで、重い扉の隙間から、楽しそうな水中世界を覗き見ているような感覚だったのが、 水中で、耳抜きが成功した瞬間! 一気に重い扉が開き、視界が開け、魅惑の水中世界に入り込んでいく。。。 浦島太郎が竜宮城に行って、どんなに楽しかったかがわかるぅ!\(^o^)/ そんな感覚にとらわれました! その瞬間の光景は、今でも脳裏に焼き付いてます(^O^) 「耳抜きが苦手で‥。」 そう思っている方、是非チャレンジして見て! それでもまだ‥。と言う方、 気軽にゾロリゾートに遊びに来て、一緒に大川の海に潜りましょう(^^♪ 水中世界への扉を開くお手伝いをさせていただきまーす\(^o^)/