7:3の法則

シェアしてね(^_-)-☆

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

いつもナッキーブログを読んでいただき

ありがとうございますm(__)m

さぁ!

いよいよ、春濁りが入った海のシーズンになりましたー\(^o^)/

伊豆半島の海は、海の中にも四季があり、

今の時期は、透明度が悪くなるんですねぇ~(;^ω^)

これは、伊豆の海にプランクトンがたくさんいて、

豊富な海の証拠でもあるので、仕方がないのです(^O^)b✨

では、そんな環境でダイビングをする方たち!

バディやグループを見失ってしまわないために

知ってもらいたいことがあります(^O^)♬

それが、、、、、。

『7:3の法則』

これは、どういうことかと言いますと‥。

目配り気配りの割合で、

『7』は、周りの様子。

つまり、バディやグループに目配り気配りしてダイビングをする。

『3』は、自分自身。

つまり、自分自身に気配りしてダイビングをする。

という法則です。

海の中でのダイビングは、

決して自由ではなく、

イントラさんやガイドさんに

コントロールされた中でのダイビングなのです。

集中して水中写真を撮っていたら、

はぐれてしまった!!!

トラブル発生の時に、

バディやガイドさんに気がついてもらえなかった!!!

という経験ありませんか?

そんな時、

『7:3の法則』を自分は守っていただろうか?

透明度が悪いのに、バディやグループと離れていなかっただろうか?

ちょっと思い返して見てくださいね(^_-)-☆

一人一人が、

この『7:3の法則』を守りながら、

ダイビングをすれば、

グループを見失うことも、

仲間を見失うことも、

殆どなくなるんじゃないかなぁ~(^^)

是非、これからのダイビングに活用してみてくださいね(^_-)-☆

最後まで読んでいただき

(人”▽`)ありがとう☆ございました(≧◇≦)❤

3DBBAH5H