レギュレーターから海水が‥!

シェアしてね(^_-)-☆

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

いつもナッキーブログを読んでいただき

ありがとうございます(^O^)d

先日のダイビングで、

久々にストレスダイビングをしましたー\(^o^)/♬

自慢できる話じゃないって‥(;^ω^)

ダイビングは、

原則として、

潜る前のセッティングで器材の作動チェックを行います!

勿論!

その日もいつものように器材チェックしましたよ。

特に異常なし!!!???

さぁ!

ゲストと一緒にダイビングへレッツゴー\(^o^)/♬

と、エントリーしたら、、、、、。

?????

吸うとプライマリー(レギュレーター)から

海水がジョボッジョボッと

入ってくるではないですか!\(◎o◎)/!

本当は、絶対やってはいけないのですが、、、、。

多少空気が入ってきていたので、

そのまま1ダイブをこなしました。。。。。

久々のストレスダイビングでした(:_;)

さて、

原因は。。。???

1ダイブ終了後、

直ぐにプライマリーを分解してみると、、、、、。

中にあるダイアフラムが、定位置にはあったのですが、

隅の一部が中に食い込んでました。。。。。

下の画像の青い円形状のペラペラのやつが、ダイアフラムです!

diaphragm

それは、吸うと海水が入ってくるのは当然でしょう!

原因は???

私が使っているプライマリーは、

ダイアフラムを上から押さえて固定する部品が、

はめ込んでスライドさせて固定させるタイプなので、

プライマリーがずれることはまずないのです!

ただ、考えられるのは、

水中でプライマリーのカバーを回した時に、

思ってより簡単に回った。

ということから、

このカバーの締め具合が緩かったのではないかと

考えられます。

え?

ダイアフラムが部品で押さえられているのに???

と思うかもしれませんが、

プライマリーの中を行き来する空気は、

周囲圧(水圧+大気圧)ですし、

人間が呼吸する瞬間の空気の吸い込む圧力は、

想像以上に強いものなのです!

(だから、喉に詰まったり、肺水腫になったりするんですよね!)

ですから、この微妙な締め具合は重要なのです!!!

締めすぎも良くないのですが‥(;^ω^)

プライマリーの構造についてはこちら↓の画像をクリックしてね(^_-)-☆

of-00

(Piston & Diaphragmさん!ありがとうございますm(__)m)

このダイアフラムの一部がいつ食い込んだのか。。。

エントリーの時なのか。

その前からなのかは分かりませんが!

これを未然に防ぐには、

ダイビング前の器材チェックで、

プライマリーの呼吸をチェックする時に、

ダイアフラムが作動していることを
耳で音を聴いて、
口でダイアフラムの振動を感じること!
そして、カバーが緩んでいないか確認すること!

たかが器材チェック!

されど器材チェック!

久々に良い経験をしました。

あ、皆さんは海中で、

こんなことが起きたら、

直ぐにバディのセーフセカンド(オクトパス)を奪い取って、

バディと浮上してくださいねー(^O^)b

最後まで読んでいただき

ありがとうございました(≧◇≦)❤

3DBBAH5H