スキューバダイビングは疲れる???

シェアしてね(^_-)-☆

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

いつもナッキーブログを読んでいただき

ありがとうございますm(__)m

ダイバーの人なら、皆さん体験してますよねー!

あの全身がだるくなったようなダイビング後の疲れ。

その時の昼寝が、最高に心地良い眠りなんですよね(^^)v

今回は、その『ダイビングの疲労』について、

お話します(^O^)♬

まず、主な原因が3つあります(^O^)b✨

その原因の一つは‥。

『ダイビングの運動量』

そう!実は、スキューバダイビングは、ハードなスポーツなんです!

陸上スポーツで言うと、テニスやバスケットボールと同じくらいの消費カロリーと言われていますし、

労働力で言うと、肉体労働者の1日分の労働力とも言われています。

スキューバダイビングは、全身運動です。

無重力とは言え、水の抵抗(=水圧)を受けながら30分泳ぎ続けるのですからね。

ですから、疲れるのは当然なんですね(^_-)-☆

二つ目は‥。

『熱量による体力の消耗』

スキューバダイビングは、水中にいるので当然身体から熱が奪われるのです。

人間は、熱が奪われるのを防ぐため、

酸素を供給しようと熱量が生じます。

それが体力を消耗し、疲労を生じさせます。

ね!

30分のダイビングを1日2本やって、お魚を見たり水中世界を楽しむだけで、この運動量。

疲れますよねー!(^_-)-☆

更に、三つ目。

『窒素が体内に及ぼす影響』

スキューバダイビングはダイバーの皆さんでしたら、ご存知の通り!

普通、シリンダー内の空気は、約21%が酸素、約79%が窒素です。

この窒素は、ダイビングをすると、体内に溶け込んでいきます。

深度によって、体の組織によって溶け込む量は変わってきますが‥。

そして、浮上と共に、体内に溶け込んだ窒素が呼吸することで、外に排出されます。

その時の、浮上スピードが早いと、血液に溶け込んだ窒素の排出量がオーバーし、

気泡化して減圧症になってしまうのです!

それはさておき。

この体内に取り込まれる窒素

陸上にいる時が、人間の正常な状態だとすると、

潜ることで取り込まれる圧縮された窒素は、人間には異物混入なのです。

そして、ダイビング後もその異物は、体内に残っています。

(それをダイブテーブルでは、残留窒素時間NDLと言って時間で表しています。)

人間という生物は、体に負担がかかると、『睡眠』という方法で、

正常な状態に戻ろうとしますから、

必要以上の窒素を取り込んだ人間は、自然に睡魔が襲ってきて眠くなってしまうのです。

それが、「ダイビングが疲れる」と思ってしまうわけでもあるんですね!

ダイビング後の電車の中や車を運転しての帰り道で、

睡魔が襲ってくるのは、このためなんですねぇ~(^^♪

ですから、車を運転される方は、

睡魔が襲ってきたら、

無理をせず車を駐車して、仮眠をして下さいね(^_-)-☆

我慢しても睡魔は消えませんので‥(;^ω^)b✨

でも、プラス思考で考えると、たった1時間水中世界を楽しむだけで、

このエネルギーの消費量!

ダイエットできるかもー(^^)v

というか、私も痩せた!

しかも、健康的なんですよー!

それについては、

『スキューバダイビングは健康的?』シリーズや

(興味ある方は、下の画像をクリックしてね(^_-)-☆)

『自然に逆らわず‥』シリーズを

(興味ある方は、下の画像をクリックしてね(^_-)-☆)

是非、ご覧下さいね(^_-)-☆

そして、

「ダイビングって疲れるからやめちゃおうかなぁ~。」

と考えている方。

ちょっと待って!!!

疲れの方が先行してしまって、

本来のダイビングの楽しさが味わえていないのですね(:_;)

疲れる大きな原因の1つに、『無駄な動き』があります(^O^)b

ダイビングは、効率のいい姿勢での泳ぎ、呼吸方法などを、

身につければ、波や水流を上手く利用して、楽に泳ぐ事が出来ます(^O^)v

だまされたと思って、

是非、マリンゾロに遊びに来て下さいな(^O^)p

潜りに来なくてもOK!

伊豆半島に来た際に、お茶しにでも気軽に来ていただいて、

(あ!ちなみにレストランやってますよぉ~(≧◇≦)

『伊豆牛サイコロステーキ』は、大人気です♡)

貴方のダイビングの悩みを話してみませんか?

私や妖怪ボス(;^ω^)、海スタッフが親身に対応させていただきます(^O^)

もっともっとダイビングの知識を得たい人は、こちら⇓

私がダイビングの技術・知識を伝授しているメールマガジン!

メルマガ購読・解除 ID: 1681252
ダイビングの寺子屋



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

潜りたくなった方はコチラ↓からご予約くださいね(^_-)-☆

img_head1-880x290

最後まで読んで読んでいただきありがとうございます(≧◇≦)❤

3DBBAH5H