マイケル・ジャクソンからの独り言

シェアしてね(^_-)-☆

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

いつもナッキーブログを読んでいただき

ありがとうございます(^O^)♡

本当に最近よく思うことを独り言します!

私が好きなアーティスト!

マイケル・ジャクソンの曲から‥(;^ω^)

たまには、こんなことも書いてもいいかもな。。。。。(^^)

要は、

『前に向かって歩きなさい!』

ってことなんですが‥。

私は、3年前に前のチーフが会社を辞めて、

仕事を引き継ぎました。

(と言っても、殆ど引き継ぎはなく、

放置された前のチーフの仕事をそのまま請け負わざるをえなかったという方が正しいかも‥。)

その後、10日くらいして、足を骨折、入院。

実際に会社に復帰したのが、骨折してから2か月後でした。

その間、久々に外の世界に接し、色々な事を考え&学びました。

でも、戻ってきた現実は、、、、、。

外の世界で学んだ事を鼻で笑われ(少なからずそう感じたのは事実。)、

前のチーフと私のコンビでやってきたことを、

責められ続け、信頼関係0の状態!

私の入院中でも、ダイビングの売り上げがあり、

しっかりお客様をつかめていると意気揚々と語ってました。

戻って来た最初の夕食時の、

周りのスタッフの冷たい視線が、今でも心の中に残ってます。

私としては、ケガして多大な迷惑をかけて、申し訳ない気持ちで戻って来たのだから、

強烈なパンチ👊です!(笑)

だから、「Beat It」

逃げました!

このように責められることから‥。

相手がそう思って発言しているだから、仕方がない。

自分の非を省みないで、相手を責める事に、成長はないから。

私は、そんなくだらない事から逃げました!

それよりも、自分が何をしなければならないのかだけを考えました。

これがマイケル・ジャクソンの本当の『Beat It』の意味(^O^)b✨

そりゃあ~、時には不満や愚痴もありましたよ。(^O^)

でも、基本は、

『自分自身の成長には何をしなければならないか』

相手を責めたところで、相手が変わるわけではない。

自分の相手に対する考えと相手の行動が一致しないから、

自分の相手に対するマイナス感情が出てしまうだけで、

それは、結局のところ、自分が創り出しているんだよね(^_-)-☆

だから、コントロール出来るのは、自分だけ。

『自分自身が正しく成長』すれば、

怒りがなくなるかもしれない。

冷静に考えられるかもしれない。

優しくできるかもしれない。

あれから3年。

まだ、前のチーフの残債がありますが、

ただ1つ1つ片付けていくだけです、

相手を非難するのだったら、

どうしてそういう状態にさせてしまったか?

(あくまでも相手ではなく、自分の非を考える。)

を考えた方がいい。

そうならないためには、

自分自身がどう成長しなくてはいけないのか?

あくまでも『自分自身の成長』を考える!

そのほうが、有意義ですよね(^_-)-☆

最後まで読んでいただき

ありがとうございました(≧◇≦)❤

3DBBAH5H

*コメント&質問はこちら↓*

★気軽にメッセージをどうぞ↓★





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

*人気ブログランキング参加中!*

シェアしてね(^_-)-☆

フォローしてね(^_-)-☆

スポンサーリンク
【書籍化するつもり?】