スキューバダイビングは健康的???(ヘルニア編2)

シェアしてね(^_-)-☆

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

いつもナッキーブログを読んでいただき

ありがとうございますm(__)m

軽い椎間板ヘルニアだった私が、ダイビングを始めて何故ヘルニアが緩和したか???

そもそも、コルセットをし続けるのは、あまり良くないのです。

というか、

安静にしておくには、コルセットをして、

腰が動かないように固定することが必要です。

が!

腰を固定するということは、腰を動かさないということ。

ということは、筋力がつかないばかりか、逆に衰えてしまいます。

痛い時、何か重いものを持つ等の仕事がある時は、コルセットは必要ですが、

痛くない時は、コルセットを外して腰に筋力をつけて、背骨を支える筋肉をつける必要があると思います。

スキューバダイビングの凄いところは、

正しい姿勢に改善して、筋力を養っていけるという点です!

そして、スキューバダイビングというスポーツは、陸上は重力がかかりますが、

水中は中性浮力で泳ぐので、無重力状態になります。

しかーも!

しっかりと前に進んで泳ぐには、一番抵抗が少ない泳ぎの姿勢をとらなければなりません。

どういう姿勢かというと、水底に対して、腰をしっかりと伸ばしてうつ伏せ水平姿勢をとり、顔はクイッと上げ、前方を見ます。両手は、軽くお尻の上にのせておきます。

更に、フィンで泳ぐには、その状態のまま、足のつま先までまっすぐに伸ばし、足の太ももつけ根から片足ずつ、上方45°へ足を反らせます。

IMG_2125 (320x240)

皆さん、床の上でやってみるとわかると思いますが、結構腰がきついでしょ?

でも、腰がピンと伸びてるでしょ?

陸上でやると、重力で腰への負担がかかりすぎてしまいますが、

水中は、先ほども言ったように、無重力状態。

腰に負担をかけずに、伸ばす事が出来るのです。

そして、動かすことによって、腰の緊張がほぐれ、筋力がついてくるのです。

こうしてヘルニアを緩和することが出来るんです(^O^)/

私は、この業界に入ってから、このことに気が付きました(;^ω^)

なぜ腰痛にならないのだろう???

肉体労働のこの仕事。

自分の器材のほかにも、ゲストの器材も持って移動することもあるのに‥。

と言うことは、軽く40㎏を越える負担を体にかけているわけです。

ヘルニア手術をしたクラブ員は、

水中でヘルニア用のダイビングプログラム(ゾロボスオリジナル)を実施した結果、

その回復力の早さに、担当のお医者さんが驚いたそうです!

あと何か月も通わなければいけなかった病院が、

「君、もう来なくていいよ!」

と言われたとのこと。。。

今では、ピンピンしてます!

(今、気がついたけど、私も彼も水中土木作業部だ!!!p(^^)q)

IMG_1770 (320x240)

ね!スキューバダイビングって健康的でしょ!

たぶん、ヘルニアだけではなくて、

腰痛全般に渡っていえるのかもしれませんね(^_-)-☆

ただ、これはあくまでも、

私の体験談ですから(^^)b

でも、ダイビングが健康的なのは、

実は、ヘルニアだけじゃないんですよぉ~(^^)b

そのことについては、また後日ということで‥。。。

でも、基本的に腰が痛い時は、安静第一ですからねー(^_^)b

まずは、炎症を抑えることが一番です(^^)v

潜ってみたい方はコチラ↓からご予約くださいね(^_-)-☆

img_head1-880x290

最後まで読んでいただきありがとうございます(≧◇≦)❤

3DBBAH5H