海の安全は、陸上にあり。

シェアしてね(^_-)-☆

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

いつもナッキーブログを読んでいただき

ありがとうございます!

一昨日のブログに、

作業ダイブをしてきたことを書きました。

実は、その時に死にそうになりました‥(;^ω^))

生きてるから報告出来てるんですけどね(^_-)-☆

いつもゲストには、

「器材のメンテナンスは、キチンとやってくださいねー!」

と言っておきながら、

自分の器材のメンテナンスをついつい後回しにしてしまうことがあります。

今回もそんな事から起きた一件なんです!

私が使用していた残圧計。

針の動きが鈍く、残圧計を叩かないと正常値に針が動かない!

しかも、残圧20の印のところで、残圧0になっているという状態だったのです。

この事実。

知っていました。

でも、

「ま、いいか。。。」

そして、作業ダイビング。

200気圧のシリンダーを使用してもいいのだろうけど、

無理して長時間潜らないように、

敢えていつも通りの150気圧のシリンダーを使用。

作業ダイブなので、通常ウエイト量より2㎏重くしてダイビング。

作業ダイブ。

頭も使うし、体も使う。

しかも!

動きやすいようにウエットスーツで作業したから、

寒さで、エアの消費量が通常よりグンと早い!

60分も経った頃、

残圧計は50を指し、

何となく吸いづらさを感じました。

その時、

残圧計が正常でない事をすっかり忘れていて、

エアの吸いづらさも

「???」と思う程度。

「残圧が10以上あれば浜に戻れる。」

という考えまで持っていました。

そしてそのまま作業していると、、、、、、。

急に襲ってきたエアの吸いづらさ。

「これは、後数呼吸でエアがなくなる!」

そこで、初めて気が付いた危機感!!!

全ての作業中止。

作業グッズもその場に置いたまま、

緊急浮上開始!

水面に辿り着いて、BCDにオーラルで空気を入れるまで、

必死の状態でした!!!

んーーーーーー。

ハインリッヒの法則(ヒヤリハット)を侮った結末です。。。

いい勉強になりました。

気がついたことが多々ありました。

ついつい思ってしまう

「ま、いいか。」

これって、人間誰しもが思うこと。

このサインを見逃してしまったがための大失敗。

こんなプロの失敗をブログに書くの?

と思われるかもしれないけど、

プロだから敢えて書きます。

事前の完璧な準備がいかに大切か。

物事への考え方。

忘れるって事が誰にもある。

これは、日常生活に充分通用しますものね(^_-)-☆

最後まで読んでいただき

ありがとうございました(≧◇≦)❤

*コメント&質問はこちら↓*

★気軽にメッセージをどうぞ↓★





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

*人気ブログランキング参加中!*

シェアしてね(^_-)-☆

フォローしてね(^_-)-☆

スポンサーリンク
【書籍化するつもり?】